自分の自分による自分のためのメモ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストックホルム2日目は、ストックホルム市庁舎
ナショナルロマンチックスタイルの建築だそうです。1911-1923年に建てられました。
ストックホルム市庁舎 中庭
市庁舎は湖に面していて、広場のベンチに座ってゆっくりと眺められます。
真夏のこの時期は、涼しくて気持ちがいいです。風が強いと寒いくらいでした。
外庭
ストックホルムカードというのがあって、だいたいの交通機関と施設の入場料をパスできます。
市庁舎もこのカードを見せるだけでチケットがもらえました。らくちん。
入場時間を待っていざ入場。はじめはブルーホール。でも青くない。
ほんとうは青くする予定だったものが、レンガが美しかったのでそのままになったそうです。
で、名前だけ残してブルーホール。青いのも見たかったなあ。
この広間はノーベル賞の祝賀会場になるのです。うおーかっこいい!
青の広間
市庁舎なので市議会室もあります。2週間おきの月曜。
議会室の作りはどこも似てるような気がしました。
市議会室
色々な広間を通って、最後はゴールデンホール。
壁にモザイクで壁画が描かれてます。
正面の絵は、ストックホルムの象徴の女神の左に西側諸国、右に東側諸国が描かれてます。
国旗まで描かれていて、まぁ大胆ねぇなんて思いました。日本じゃできそうにない。
黄金の広間
ここのチケットはシールになっていて、見学の間は服とか見える所に貼って帰るときはこんなふうに。
この仕組みが気が利いていてお気に入りでした。
ちなみに手は夫。
チケット
このあとタワー(別料金、ストックホルムカード可)にのぼりました。
上からの景色はやっぱりよいです。
毎週土曜の午後には結婚式も行われていて、偶然記念撮影の現場に遭遇しました。
参列者の中に8か9頭身くらいの美女がいて、花嫁よりそっちばかり見てました。
美女だらけでした。職員のおねえさんも美女でした。夫のお気に入り。
コメント
この記事へのコメント
お加減いかがですか?

旅の手帖、楽しみにしてました!
北欧は日常がかわいくて憧れます。

ブルーホール、かっこいいですね!

「よし、次は青く色を塗ろう」
『いやまて、レンガのままでもかなり良い仕上がりじゃないか?』
「言われてみればそうだな…」

建設当時にそんなやりとりがあったりしたんでしょうかねぇ。
青く塗らない決断をしたスウェーデン人、かっこいいです。
2009/07/27(月) 20:55 | URL | かなこ #-[ 編集]
ストックホルムと言う街は、とてもフォトジェニックな街ですね~♪
おねーさんも綺麗だし♪←オヤジ的感想。。。
ムーミンはわんさといるし♪

それに、ほんだますよさんの”楽しい感”満載の写真にと。
ここに来ると心は北欧にひとっとぴできますです^^

暑い日が続いているので、お身体無理なさらぬように。。。

2009/07/30(木) 19:20 | URL | ko・ko #1jhbtX.k[ 編集]
v-22かなこ
やっと布団から這い上がってきたよ。
夏風邪はしつこいね!

北欧はほんとデザイン王国だったよー!
駅の広告すらカッコイイ。
スーパーにいったらかわいいものばかり。
市庁舎も日本の市役所に比べたらなんとステキなことか。
市役所で結婚式しようとか思わんもんねぇ。
ブルーホールは今のままでももちろんかっこいいけど、青くてもかっこよかったんじゃなかろうか。


v-22ko・ko さん
ストックホルムの街は、細い路地とか最高に素敵でしたよ。
おかげで夫は路地の写真ばっかり撮ってました。
女の人はみんな綺麗!
日本語わかんないだろうと思って「美女だ、美女」と大声で言ってました。

楽しい感、でてますか?よかったです。
寝込んでたおかげでフィルムで撮った写真を現像できずにいます。
そろそろ行こうかしら…。
2009/08/03(月) 01:35 | URL | ほんだますよ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://selfmemo.blog71.fc2.com/tb.php/1229-b83c6ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ときめきメモリアル ガールズサイド 1st love plusの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ときめきメモリアル ガールズサイド 1st love plus」へ!
2009/07/27(月) 08:36:36 | ときめきメモリアル ガールズサイド 1st love plus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。