自分の自分による自分のためのメモ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツ最期の地は、ケルン。
夫がケルン大聖堂のファンらしく、生ケルン大聖堂におおよろこび。
ゴシックです。
ケルン1
めちゃくちゃでかいです。天井が遥か彼方。
建設した人たちすごいなあ、とひたすら感心。
ケルン2
ここのステンドグラスは、キリストの宗教画ばかりでした。
誕生のところから物語になってすすんでゆきます。
ケルン3
観光気分の私たちとは違って、熱心に祈ってる人もたくさんいました。
ケルン大聖堂は、お祈りできる場所がたくさん。どこで祈っていいのやら分からないかんじ。
ケルン4
あちらにも、こちらにも祈る人。
日本のろうそくとは違って、キャンドル。線香のにおいもしません。あたりまえですが。
ケルン5
次の日は朝からこの大聖堂のらせん階段をひたすらのぼって、てっぺんに到達。
目が回ってきつかったけれど、ケルンの街並みがとってもきれい。
やっぱり建物がステキ!
コメント
この記事へのコメント
だんなさんは建築関係のお仕事ですか?
2008/05/14(水) 13:46 | URL | a #aIcUnOeo[ 編集]
v-22aさん
いいえ、ちがいますよ。
2008/05/22(木) 14:56 | URL | ほんだますよ #-[ 編集]
こんばんは☆
ご無沙汰してます^^;
旅行記楽しませていただいてます♪
たくさんの写真や絵画、美味しいもの。。
ドイツ独特の芸術性がありますね。
建造物の写真など特に圧倒されています!
2008/05/22(木) 23:34 | URL | Rem #cNEASlz2[ 編集]
v-22Remさん
こんばんは!おひさしぶりです。
わたしもしばらくはブログ更新するのでやっとでした。

ドイツはあまりきらびやかさはないですが、そこがまたかっこよかったです。
ケルン大聖堂は、実際見るとかなり圧倒されます。
写真には納まりきれないスケールでした!
2008/05/23(金) 00:57 | URL | ほんだますよ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://selfmemo.blog71.fc2.com/tb.php/754-a52b22aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。